乾燥肌のスキンケア

 

乾燥肌は、その名のとおり、お肌の水分が不足している状態です。

 

しっとりタイプの化粧水をたっぷりつけたり、

水分が逃げていかないように、洗顔の後、乳液や、美容液を

忘れずにつければ、なんとか対応する事ができます。

 

 

しかし、本当にそれだけで良いのでしょうか?

 

夏場はそれほど気にならない乾燥肌も、

秋になるとカサカサと皮がむけ、ファンデーションがムラになる、

なんて事になりませんか?

 

それでも、お気に入りのクリームなどをつけ、

むける皮膚を落ち着かせ、冬は保湿剤たっぷりの

化粧品をつけまくり、じっと春を待ちます。

 

 

しかし、春が来ても、

秋よりもっとガサガサのお肌になっていた、

なんて事もありませんか?

 

とにかく、皮膚がめくれるのがイヤで、

常にクリーム類をつけていませんか?

 

でもよくよく考えてみると、古い皮膚は必ずはがれて、

新しい皮膚と入れ替わる事で美しさを保っているのですから、

皮膚をくっつけようなんて、ナンセンスなことなんですよ。

 

皮膚は傷ついても、新しい皮膚と入れ替わるので、

いつのまにかキズ跡もなくなって、きれいになるのです。

 

乾燥肌こそ、 古い角質を上手に取り除いて、

新しい皮膚と入れ替え、 角質層が厚くならないように

してあげることが大切です。

 

 

粘土の洗顔料は、 古い角質を上手に取り除く事ができる、

乾燥肌にとってもお役立ちの洗顔料なのです。

粘土洗顔は皮脂を取りすぎません。

 

粘土洗顔の商品説明と洗い方のページはこちらです。

白色粘土洗顔料

 

 

粘土洗顔の後の保湿はルナレーナウォーターとウェットローション。

カサついたお肌を落ち着かせるには美容液もプラスしましょう!

ルナレーナの美容液は3種類あります。

その日その日のお肌の状態に合わせて上手に取り入れてみてください。

 

美容液